健康診査について

糖尿病等の生活習慣病を早期発見・治療するために行われる健康診査を受診できます。

健診の日程場所(健康診査指定医療機関一覧)

 健康診査は次のいずれかで受診できます。
(1)お住まいの市町村が行う集団健診と同じ日程・会場で受診
   (詳細については市町村の広報誌等でご確認下さい)
(2)広域連合が指定する医療機関に個別に予約し、受診

健康診査指定医療機関一覧(平成30年4月1日現在)(PDF:457KB)

↑上へ

健診内容

検査項目 内容
問診 自覚症状・服薬治療中の病気の有無など質問を基にした予備的診断
身体測定 身長・体重 体重が昨年と比べて変化したかに注目
急激な増減は要注意
BMI 肥満かどうかを判定する。
BMI
血圧測定 血管に加わる圧力。高値により心筋梗塞や脳卒中を引き起こしやすくなる。
尿検査 尿中の糖の有無をみる。血糖値が高い時に増えることがある。
蛋白 尿中の蛋白の有無をみる。腎機能が低下すると出ることがある。
血中脂質検査 中性脂肪 アルコール・甘い物のとりすぎや運動不足で増える。動脈硬化を進める。
HDLコレステロール 善玉コレステロール。低くなると動脈硬化になりやすい。
LDLコレステロール 悪玉コレステロール。血管の壁に蓄積し動脈硬化を起こす原因となる。
肝機能検査 AST(GOT) 肝細胞に多く含まれる酵素。肝臓に障害が起こると血液中に流れ出し値が高くなる。特に「γ-GT」はアルコール性肝障害で数値が高くなる。
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
血糖検査
(どちらかを実施)
空腹時血糖 血液中に存在する糖質の値をみる。
高値は糖尿病の疑い
ヘモグロビンA1c 健診直前に食事をした方はこの方法で血糖値をみる。高値は糖尿病の疑い
腎機能検査 血清クレアチニン 腎機能の状態をみる。
高値は腎機能障害の疑い

↑上へ

健診費用

 健康診査は、上記の健診内容の検査項目に限り、受診券に記載の健診場所で有効期限内に1回のみ無料で受けられます。

↑上へ

持参するもの

 広域連合から送付される健康診査受診券(ハガキ)と被保険者証。

↑上へ

健康相談

 健診結果をご覧になって、健康相談を希望される方は、お住まいの市町村(健康相談窓口)にお問い合わせください。

よくある質問


   健康診査の受診券はいつ頃届きますか?
     
     受診券は毎年4月中旬または5月中旬に発送しています。(市町村によって異なります)
    今年度中に75歳になる方は、誕生月の前月下旬頃に保険証とともに送付します。
     受診券は健診受診時に必要になりますので、紛失しないようご注意ください。

   受診券を無くしました。どうすればよいですか?

     再発行は可能ですので、当広域連合(☎:097-534-1771)までお問合せください。

   定期的にかかりつ医で健康診査を受けているのですが、必ず受診しないといけないの
     ですか?

     いいえ、そういった場合は必ずしも受診しなくてもけっこうです。
     かかりつけ医にご相談ください。

   健康診査指定医療機関以外では受診できないのですか?

     できません。健康診査指定医療機関一覧に掲載されている医療機関またはお住まい
    の市町村が行う集団健診で受診してください。

   健康診査の検査項目はどのように決められているのですか?

     厚生労働省が示す「標準的な健診及び特定保健指導プログラム」に沿って検査項目
    を決めています。

   がん検診は受けられますか?

     がん検診は市町村が実施しています。詳細については、お住まいの市町村にお問い
    合わせください。